脱毛ワックスの使い方を逆だと思い込んではいないか?

カミソリは怖いし毛抜きは面倒、でもムダ毛ケアにあまりお金は掛けたくない、そんな時に頼れるのが脱毛ワックスですよね。

 

脱毛ワックスは基本的には全身どこにでも使用する事ができますし、毛抜きと違って広範囲のムダ毛を一気に引き抜くことが出来るのが魅力です。

 

そんな便利な脱毛ワックスも使い方を誤れば、ただ痛い思いをするだけで、ムダ毛はあまり取れないなんてこともあるんです。

 

下準備はしっかりと

脱毛ワックスはその粘着力でムダ毛を引き抜くため、濃いムダ毛は1cmくらいの長さが必要です。

 

肌に皮脂やメイク汚れが残っていたのでは、十分な効力を発揮する事が出来ません。

 

まずは脱毛部位をよく洗い、余分な汚れを落としておくようにしましょう。

 

ちなみにスキンケアをしてしまうと意味がないので、スキンケアは脱毛後に行うようにしましょう。

 

洗浄後は面倒でもムダ毛の毛の流れを整えておくことも大事です。

 

時間との勝負

毛の向きを整えたら、毛の流れに沿ってワックスを薄く塗り、脱毛シートを密着させ、覚悟を決めて一気に剥がします。

 

厚塗りした方が効きそうな気もするのですが、実は1mm以下くらいの薄塗りの方が効果は高いものなんです。

 

ワックスを塗ったら5分以内に剥がす必要があるため、脱毛シートをあらかじめ必要なサイズにカットしておきましょう。

 

シートも毛の流れに沿った向きでを乗せ、上に引き上げるのではなく、毛の流れに逆らい、シートをめくるように剥がして下さいね。

 

後処理はしっかりと

脱毛後は表皮もいっしょに剥がされてしまっている状態なので、スキンケアはいつも以上にしっかりと行うようにしましょう。

 

この作業を怠ると、肌荒れはもちろん、色素沈着や埋没毛などの肌トラブルを起こしやすくなります。

 

意外と勘違いをされている方が多いのですが、ワックスを塗るときは毛の流れに沿って薄塗りで、剥がすときには毛の流れに逆らって使うものです。

 

痛いのを我慢するのですから、正しく使ってしっかりと効果を得られるようにしましょうね。

 

<関連サイト>
ケノン 口コミ|話題の家庭用脱羽毛器の口コミ

関連ページ

ジェリーネイルが綺麗で楽しい
ネイルを常にキレイに保つのって、なかなか難しいですよね。足の爪は結構長持ちしますが、手はそういう訳にはいきません。
ダイエットと脱毛で綺麗をもう一度!
私は綺麗になりたいよ!お腹周りと二の腕が・・・悲惨なんです。そこで運動をしようとやっと重い腰を上げました。
無駄毛処理と脱毛について
自分で自宅でできる方法で無駄毛処理をしているという方は多いのではないでしょうか。私もずっと自分でカミソリなどを使って無駄毛処理をしてきました。
中性的な顔立ちになのにムダ毛がスゴイことになってる旦那
私はギラギラした見るからに男性的な男の人やマッチョ体質な人が苦手でした。初めて旦那に会った時、女性的で線の細いところに魅かれて付きあうようになりました。